マラソンが趣味のよしだーがお届けする駄文ブログです(笑)
Yoshida Ryuta

バナーを作成
ジオターゲティング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 鎖峠を越えると長~い下り坂

 この坂は疲れ切った脚に非常に悪いです。駆け下りると脚へのダメージが相当なものです

 下り終えて三見駅に向かっていると、途中でリタイアしたF田隊長とK須さんがわざわざ車で応援に駆けつけてくれました

 F1030910.jpg

 ずっと一人で走ってきたので、すごく元気をもらいました。

 これはもうリタイアなんてできません。ゴールまで突っ走ります

 誰も居ない188.5km三見駅でチェックして、海岸沿いを萩市街地に向けて走ります。

 風が結構強くて日本海は荒れておりました
 
 195.4km玉江駅では去年、あまりの眠たさでベンチで寝てて凍えたなぁ。

 今年はまだエイドステーションが設置されてなかったので、近くのコンビニで腹ごしらえ

 萩市内まで来るとなんだかゴールは近いと思うのは僕だけでしょうか?

 今年から新設された浜崎緑地公園でも忘れずにチェックして、207.3km地点の虎ヶ崎(椿の館)に到着。

 ここではうどん・おにぎり・もずく酢・オレンジを頂きました。

 ただ結構内臓が弱っているようで、残してしまいました。すみません

 リスタートも脚が硬直してしまい、散策道をしばらく歩きました

 でもしばらくすると走れるようになるので、まだ頑張れそうです。

 ロード区間は快調に走って、215.6km金照苑(東光寺前)に到着。

 金照苑の方が出てきてくれて、しばらく談笑。

 こうして人と話しているとしばらく疲れを忘れることができます。

 今年から新設の216.5km地点の陶芸の村公園へは若干道を間違って時間をロスしてしまいましたが、なんとか到着。

 結構上り坂があるのですが、ここに来るまでイヤって言うほど坂を走っているので、もう気になりません。

 往還道に入る前にコンビニで食料を調達して、いよいよ往還道に突入。

 この頃になると日が沈んで、だんだん暗くなってきてました

 真夜中の往還道は140kmに参加して以来なので、一人で道に迷わず行けるのか不安で仕方ないけど、もう行くしかないっ

【2012/05/15 22:26】 | 大会
トラックバック(0) |
 カレーを食べてエネルギー満タンとなり、154.2km鯨墓CPまで軽快に走れました。

 自分は青海島の往復はあまり苦にならず、毎年快調に走れます。

 たぶんリュックを置かせてもらって身軽になるのと、コースが蛇行していて先が見えないから気が紛れるからでしょうね。

 今年も快調に往復することができました

 で、仙崎公園に帰って来て再びリュックを背負うと・・・

 重た・・・・

 疲れた身体にずしりと来ますね。

 今回タイム狙いで走るんだったらリュックいらなかったなぁ。結構肩も凝って大変でした。

 そしてここから宗頭文化センターまでの道のり、自分は一番嫌いです。

 距離としては12キロ程度なんだけど、毎年凄く長く感じます

 今年も長かったなぁ。。。。

 まぁ重い身体を引きずって176.1km宗頭文化センターに到着。

 ゆっくり腰をおろして、おにぎり、バナナ、みそ汁をいただきました

 あたたかいみそ汁、おいしかったなぁ

 風呂に入って、ビール飲んで、毛布にくるまれてずっと寝ていたい

が、本音なんですが、甘い誘惑に負けている暇もなく、ここも早々と立ち去ることに(涙)

 ウェアもびしょびしょになったので、ここでロングTに着替え、薄手のウィンドブレーカーをリュックへ。

 また少しでも背中を軽くしたかったので、リュックに入れていたガーミンと携帯充電器を置いていくことに。

(なんとかここまでガーミンでルートをトレースできました。またアップします)

 去り際にスタッフの方々と集合写真を撮ってもらいました

 その時の写真、是非是非手に入れたいのですが、どうにかなりませんかね?

 12時を知らせるサイレンが鳴るのと同じくして宗頭文化センターを出発。

 去年は24時前に出発しているので、12時間も早い。

 この状況を自分でも信じられない。

 後ろ髪をひかれながら宗頭を後にするも、この頃から脚が硬直し始めて、リスタート後はしばらく歩きが入りはじめました。

 ひょこひょこ走って、179.4km藤井商店CPに到着。

 そしてらどうでしょう。藤井商店が開いてるではあ~りませんか。

 いつもは真夜中に通るので、閉まってるイメージしかなかった藤井商店がなんと開いている。。。

 これは夢ではないのか・・・・

 ちょっとテンションがあがりました(笑)

 またここから鎖峠に上る道も、滝があったり昨年まで見えなかったものが今年は見えました。

 目に見える風景が新鮮で、ちょっと元気が出ました

 頑張って走ったご褒美なんでしょうかね。

【2012/05/14 21:58】 | 大会
トラックバック(1) |
 ガス欠の不安を抱えながら先を急ぎます。

 118.1km立石観音には5時40分ごろ到着。

 ここから千畳敷に向けて上り地獄が待ち受けています。

 リュックにあるウエハース2枚を補給して、千畳敷へ。

 上りも急なところ以外は頑張って走ります。

 新しい道に出たころには霧がまた深くなって、先の見えない天国へ続いているようなロードが立ちふさがっていました。

 ひぃ~こらひぃ~こら上って、やっとのことで125.8km千畳敷に到着。

 と、ここで萩往還の応援に来られていた方がおられて、なんとおにぎりとアミノバイタルゼリーを提供してくださいました。

 本当にこれはありがたかったです 生き返りました!

 ここでやっと折り返し地点。

 あと半分

 いや、

 もう半分←この気持ちが大切

 千畳敷からの下りてからしばらく進むと131.5km日置エイド

 ここでは中学生がカップラーメンを提供してくれるのですが、朝早かったので学生はいませんでした。

 どん兵、どん兵(肉うどん)、チキンラーメンが選べるのですが、自分は思い切って脂っぽいチキンラーメンをご指名。

 おいしくスープまで飲みほしました

 って、ここまでは良かったんですが、走りはじめたとたん気持ちが悪くなってしまいました

 疲れ切った内臓にチキンラーメンの破壊力はとんでもないものでした。

 みなさん、注意しましょう(笑)

 143.7km仙崎公園まではたんたんと走りましたが、このあたりから肩が凝ってきました。

 リュックを背負っているせいもあるのか腕振りがしんどくなって、平地と下りでは腕を下目で振るようにして肩への負荷を軽減させました。

 仙崎エイドから鯨墓までは往復コースなので、ちょっとリュックを置かせてもらいました。

 そしてら身体がめちゃめちゃ軽くなって快調快調~

 149.8km静ヶ浦キャンプ場にあっという間に到着しました。

 ここではカレーが頂けます。

 カレー・・・・・

 川尻岬での悪夢がよみがえります

 恐る恐る店に近付いて、店に入って、聞いてみました。

 「カレーやってますか?」


 そしたらここは開店してました

 お店の方とお話ししながらカレーをおいしくいただきました。

 おいしかったです。ごちそうさま。

 お腹も一杯になったし、もうひと踏ん張り(ゴールまで何踏ん張りすればいいのか知らないけど)しますか。

【2012/05/12 22:35】 | 大会
トラックバック(1) |
 さて、一人になってしまいました。

 まだ外は真っ暗。

 こんな真夜中に一人で走っていると怪しい人に襲われそうで怖いですよね

 って、

 自分が一番の不審者ですよね あはは

 俵島CPで無事パンチを押して、先を向かっていると・・・

 あれれ、道に迷ってしまいました

 間違ったと思ってすぐに引き返したので、大きなロスにはならなかったけど、注意して進まないと危ないですね。

 川尻岬に近づくころには霧が濃くなって、視界がほぼゼロに。

 ヘッドライトでぎりぎり外側線が見えるくらいで、それを頼りに歩みを進めました。

 そして108.2km川尻岬(沖田食堂)に到着。

 ここではカレーが頂けるんですが、なんだか食堂の方が真っ暗・・・。

 勇気を出して聞いてみました。

 「あのぉ~、カレー頂けますか?」

 スタッフ 「すみません、まだ店が開いていません。。。。」


 マジッすか

    マジッすか!?

          マジッすか

 いやぁ~、まいっちんぐマチコ先生ですよ。 

 これだったらさっきの食堂で中華粥をおかわりしておけばよかったです。

 開店待ちをしている時間もないので、スタッフの方からミニパンを頂いて、先を急ぎます。

 次のエイドは131.5km日置なので、それまでリュックにあるウエハース2切れで繋ぐしかありません。

 ガス欠にだけは注意しないと・・・・。

【2012/05/12 21:23】 | 大会
トラックバック(1) |
 いよいよサバイバルレースが始まりました

 毎年スタートすると若干テンションが下がるんですよね。

 また250km走らないといけないのか・・・・

 と(笑)

 なら参加しなきゃいいのに。と思われるでしょうが、苦痛だった大会中のことをすっかり忘れる性格なので懲りずに申し込んじゃうんですよね。アハハ

 まぁ、参加しているみんなそうなんだろうけど。


 今年は30時間を切りが目標なので、グイグイ行かせてもらいます。

 しばらく行くと、淡路島1周でもご一緒させてもらったダブルさんと合流。
WS0000691.jpg
 (なお、これ以降ゴールまで自分で写真を撮る余裕がなかったし、オールスポーツもいなかったので写真はありません(涙))

 さくら道ネイチャーを10日前に走られて、更に萩往還にも参加とのこと。

 想像するだけでお腹いっぱいになります

 その後もキロ5弱で走って先頭に追い付きました。

 果たしてこんなペースで走っていて大丈夫なのか。怖いもの知らずな自分が一番怖いし(笑)

 先頭を走られている方はトレランスタイルで、お話しさせてもらったらやっぱり山をよく走られているとのこと。

 30kmくらいまで並走させてもらいました。

 話しながらのランはあっという間でした。楽しかったです

 44kmの西寺交差点エイドではそうめんを頂き、コンビニでチューハイを買っていっぷく

 なんてやっているとあっという間に置いて行かれたので、道に迷いたくないので急いで追撃

 今年はビールを飲んでいる時間的余裕はなさそうです。目標達成のためなら仕方ない。

 58.7km地点の豊田湖畔公園CPには23時40分ごろに到着。

 うどんとおにぎり2個、おいしく頂きました

 昨年度トップの方もおられたので、行けるとこまではこの方に着いて行ってみよう。

 この頃からか、雨が降ったり、霧がかかったりしてきたような。

 自分はまだ元気に走れているので気にならないけど、疲れて止まってしまったら凍えてマズイことになりそうだ。

 その後も順調に走って日本海側に出ました。

 毎年ここでは夜明けを迎えているけど今年はまだ真っ暗なのでちょっと新鮮。

 87.2kmの海湧食堂には2時40分ごろ到着して中華粥をいただきました

 海湧食堂でたらめっちゃ寒かったなぁ。走れなくなった時が怖い・・・・。

 油谷中学校跡には着替えを置いていたけど、以前雨が降っているし着替えるのが面倒だったのでサングラスだけ取って出発。

 ただこの辺りから、一緒に走っていた方たちがちょっと体調不良になってしまい、自分がトップで行くことに。

 ちょっとこれは想定外でした。

 ここからは自分で行先を判断して進まなければなりません。

 今までこういったシチュエーションになったことがないし、外はまだ真っ暗なので、道に迷わないか先行きが相当不安

 ということで、ここからが

 肉体的にも精神的にも地獄の幕開け

 と、なったのでした。

【2012/05/09 21:00】 | 大会
トラックバック(1) |


GBD
>なお、これ以降ゴールまで自分で写真を撮る余裕がなかったし、オールスポーツもいなかったので写真はありません(涙)


うわあっ、トップなのに !!

速過ぎたら、こんなこともあるんですねえ。 (>_<)

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。