マラソンが趣味のよしだーがお届けする駄文ブログです(笑)
Yoshida Ryuta

バナーを作成
ジオターゲティング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月22日(土)

 今日は夜から新倉敷でタカさん、ハコさん、K原さん、さんきち親分と飲み会。

 ということで、それまでの間、吉備高原で一人とぼとぼジョギングすることに。



 このコース、アップダウンがあって良い練習にはなるけど、途中見どころもなく、店もなく、すぐに飽きちゃうのが難点です。

 後半一人でひぃ~ひぃ~言いながら走っていたら、マツタケ狩り後のアッキーさんが応援してくれました。

 おかげでちょっと元気になりました。ありがとうございます、教祖様!

 夜は新倉敷駅付近の鳥田金というお店で飲み会。

 ランニングトークで大いに盛り上がって、あっという間に4時間が過ぎてましたとさ(笑)


10月23日(日)

 終日雨だったので、岡山をぶらぶら。

 「晩飯何食べようかな~」と考えていたら、村岡ダブルフルで3位だった岡山の方が「風風ラーメンやってます!」と言ってたのを思い出して、さっそく行ってみました。

 風風ラーメン(今店)

 入店してすぐに店長のO崎さん、発見。

 注文を取りに来てくれたときにお話ししたら、覚えてくれていました。

 唐揚げ油そば、おいしかったです。

 店の雰囲気も店長の人柄か、とても明るくて良かったです。

 また食べにきま~す。
スポンサーサイト

【2011/10/31 23:00】 | トレーニング
トラックバック(0) |

実は。。。
ドンちゃん
聞いただけで分らない土地勘の無さですが、その内やりたいなと思っていたルートに近かったです。

教えてもらって、運動公園~空港までは、秘かに頻繁にしてて(週に1~2回)往復してました。 空港に右に曲がらずそのさきずっと行くと、高原都市って看板出ているなぁ。。。 いつかはと思っていました。やはり長そうですね。運動公園~高原都市往復。(約4km×2がプラスで、62kmほどでしょうか)

ところで、質問です。

 質問1 最初に下ってから登るのと、 最初に登ってから下るのではどちらがきついですか?

 質問2     〃  では、どちらのトレーニング効果が高いですか?


やっぱり、下ってから登る方がきついでしょうか。登ってから下るのは、後半下りは膝のダメージは別として流して下れる気もするし。。。

是非お試しください
よしだ〜
ドンちゃん

 質問1ですが、もちろん下ってから上る方がしんどいです。

 質問2ですが、目的によって効果は違うと思いますよ。
 僕の場合はウルトラの後半を想定した練習なので、後半足が重くなった状態で踏ん張れるのを目的としているので、後半上りを持ってくるようにしています。
 逆にレース前だと、後半下りにして気持ちよく走って良いイメージでレースを迎えるようにしたり。
 またフルの1か月前とかはもっと急な下りをガンガン飛ばして筋繊維をズタボロにして超回復をレースに持ってくるのもありかも。この場合はもっと短い距離だけど。


ドンちゃん
試しちゃいました…

別ルートで、運動公園~吉備高原都市往復ですが。

中央町まで行ければと思ってましたがが、あと少し行く気になれず、高原都市の橋を渡り、一つ坂を登った所で、折り返して、 61.5km 6:56 でした。

やってみて、空港の先までの15kmに比べ、空港の先の15kmが単調に感じました。

やってみて、下ってから、登る方が、コメントの通り、断然きつそうに思えます。…… 一人でやると、途中で歩いてしまいそうです。

マイコ-スとして、これを一人で定期で出来そうな気がしないので、空港往復の坂の部分10kmだけ二回やるとかを自分は挑戦するかもです…

コメントを閉じる▲
10月16日(日)

 いよいよ大会当日がやってきました。
 宿泊先の宿毛のホテルを午前3時に出発して、スタート地点へ移動

 会場に着くと結構霧が出ていました。

 スタート前には去年入賞しているため、有力選手として、紹介してもらえました。(ちょっとトップ選手になった気分(笑))

 スタートラインにはウルトラのトップ選手がずらっと並んでいます。

 今年もこの方々と一緒に走れると思うとワクワクしますね

 四万十川のコースはこんな感じ。コース図

 峠が2つあって、特に序盤の堂が森の峠は600m上ります。これが結構しんどい!

 で、5時30分いよいよ運命のスタート

 スタート直後は去年と違って若干スローペース。

 今年は玉砕覚悟で行こうと思っていたので、トップ集団についていくことに。

 トップ集団は7,8人くらい。中には元実業団選手のA君がいて、フルは20分前半で走るとのこと。ひょえ~

 トップ集団のペースが若干落ちてきたところで、後ろからナッキーさん登場。

 「今大会でよしだ~がナッキーさんに負けると坊主」という約束を勝手に西ももさんがしているようで(笑)、絶対ナッキーさんには負けられません(汗)

 15kmくらいから傾斜がきつくなり、集団がバラけ始め、自分は前大会優勝者のしんた君について、必死についていきます。
WS000069.jpg

 20km通過 1:26:56

 21kmでやっとこさ、山頂。あぁ~、しんど~。

 ここからは30km過ぎまでずっと下り。

 M城さん、しんた君、A君と一緒に気持ち良く下っていきます。

 32kmからは雄大な四万十川と合流。でもここから平坦になって来て足が重たくなり始める。

 35kmの昭和橋大橋のエイドでちょっとM城さんとマッタリして、ここからは二人旅に。


 40km通過 2:47:56(1:21:00)

 去年はここから足が軽くなって快走出来たんだけど、今年は・・・・重い

 でもここは我慢するしかない!足の復活を待ちます(結局、今回大きな復活なし

 53kmの半家沈下橋のところで前方にランナー発見

 A君がエイドで立ち止まってました。

 「動いていれば回復することがあるから諦めないで!」と応援して、先に行かせてもらいました。


 60km通過 4;15:57(1:28:01)
 
 62kmのカヌーステーションについた時にはもうヘロヘロ。

 去年はもっと余裕があったのに・・・・。この状態で残り40km近くを走ることを思うと・・・・・。

 考えないことにしよう(笑)

 このあたりもM城さんとお互い引っ張り合って歩を進めます。
WS000071.jpg


 80km通過 5:50:39(1:31:42)

 だんだんレース中の出来事もあやふやに(苦笑)

 覚えているのは岩間沈下橋を渡ったくらいかなぁ~。

 でもここまでは何とか3位を走ってました。

 がっ!

 ペースも落ち始めて90kmに入ったころ、案の定後続のランナーに抜かされて、また地力で勝るM城さんにも着いていけなくなり、5位に転落(あ~れ~

 流石にこれ以上順位を落とすわけにはいかず、必死に走ります。

 ラストの激坂も一応走り切って、いよいよ感動のゴール。

 100km 7:31:15(1:40:36)
WS000072.jpg
 
 中盤以降潰れてしまい、去年より6分ほどタイムは落ちましたが、攻めの走りができたので後悔していません。

 今年も錚々たるメンバーの中に混じって表彰台に上れて感無量。
2011-10-16 16.48.35

 レース後もウルトラ仲間の方と楽しい時間を過ごさせてもらって、今年も思い出深い四万十となりました

2011-10-16 17.08.22
 入賞者の方と一緒に

 来年は一回り成長した姿でまた参加したいと思います

 応援してくれたみなさん、ありがとうございました

【2011/10/22 14:37】 | 大会
トラックバック(0) |


もも太郎
もしナッキーさんが丸めるって約束していたら・・・・。

さて,次は誰と勝手に約束してこようか。

教祖様?

趣味なのは知ってたけど、
なっせ
本当に凄いタイムだなーv-237
尊敬するわ。

高知はカツオが旨いよなー、
とサザエさんが申しておりました。


ドンちゃん
お疲れ様です。

どうでも良さそうな質問です、気が向いたら教えて下さい。

【20km通過 1:26:56】と書いてある上の写真だけ下り坂の時に爪先が外向きに向いている様に見えます。たまたまそう写っただけにも見えますが、爪先の向きはどんな意識でいますか。(特にそんなこと意識して無さそうですが。。。)

次は・・・
よしだ~
もも太郎こと西ももさん

 教祖様と約束しましょうか!
 でもどちらかが得をする約束をしてくださいね。
 四万十で僕が負けて坊主になってても誰も得しませんからね(笑)

サザエVSカツオ
よしだ〜
なっせさん

 趣味でぼちぼち走っていたらそれなりに速くなっちゃいました。

 サザエは口に合わないとカツオが言ってたよ。


よしだ~
ドンちゃん

 あ、ほんとだ。
 確かに足が外向いてますね。
 何か意識しているかと言えば、全く意識していません(笑)
 足は腕振りに連動して勝手に動くので、走っているときは全くと言っていいほど足は意識してないんです。
 むしろ腕振りや上体を意識しているかも。

コメントを閉じる▲
10月23日(日)

 岡山のウルトラランナーの聖地とも(勝手に)いえる大山環状道路でおジョグをします。

 距離は65kmです。

 アッキー教祖様と一緒に走ります。

 興味のある方は良かったらどうぞ。



11月12日(土)・13日(日)

 琵琶湖1周マラニックを思いついたのでやります。

 距離は200kmちょっとです。

 ウルトラ友達のU松さんと走ります。

 一緒に京都を走ったF田さんも伴走カーを出してくれます。(ありがたい)

 興味のある方は良かったらどうぞ。

【2011/10/20 23:05】 | マラソン
トラックバック(0) |

大山
ドンちゃん
おっと!惹かれます!ただ、大会エントリーしているので、それでも参加したい感じ。も少し考えます……

コメントを閉じる▲
四万十、なんとか完走しました。
去年の自分の越えるため、42kmを2時間58分で突っ込んだら、案の定持ちませんでした(笑)
タイムは7時間31分くらい?で、総合5位でした。
チャレンジできたし後悔はありません。
応援してくれた皆さん、ありがとうございました(^-^)
これにて今シーズン終了かな(笑)

【2011/10/16 14:18】 | 未分類
トラックバック(0) |

それでも凄い!
ドンちゃん
お疲れ様でした… 隊長も、人の子でしたねと、誤解しかけましたが、昨年と数分しか違わない(?)凄い記録です…

今年勝ち取ってしまうのは、早過ぎと、神様が許さなかったのかも… 次の挑戦に向け、長期故障しない様に、内臓もいたわりつつ、が良いかも。

さすが変態長
はっちん
お疲れ様でした。
それでも、さすがに速いねぇ~~~。
しっかり身体休めちゃって下さい。


へなちょこアッキー
イヤンせんせ!
素晴らしい結果ですね。
何か足にいるんですか?


お疲れ様でした
ピノ
すごいっ!!の一言。おめでとうございます。
フル、サブ3ペースで入ってこの記録とは。。。
さすがです。


まさちゃん
入賞おめでとう!!

サブ3ペースで入ってそのまま100キロって凄いと言うよりやっぱし変体長でしょう(笑)
実は皮を剥いだらロボットだったりして!?
何か僕がやっていることがままごとに思えて仕方ないです(涙)
とくしまでままごとをして来ます。。


そうそう
よしだ~
ドンちゃん

 楽しみはまだ取っておきなさいという神のお告げなのかもしれません(笑)
 といっても、今の実力ではまだまだ上位の方とは力の差がありすぎるので、来シーズンは更に頑張らないといけないなぁ~と思っています。

実は
よしだ~
へなちょこアッキーさん

 足に変な虫を飼っているんですよ。
 またこっそり教えますね。

 って、こんな冗談言ったら、水虫だとおもわれるじゃないですかぁ~

まだまだです
よしだ〜
ピノさん

 これ以上の記録を求めると、フルサブスリーペースで入るのは必須条件なのではと思っています。
 あとはそこからの粘りですね。
 う~ん、まだ自分には無理のようです。

おめでとうございます
よしだ~
はっちんさん

 社会人駅伝3位おめでとうございます。
 来年は優勝も狙えそうですね。
 うちのチームも頑張らねば!(汗)

そんなことないですよ
よしだ〜
まさちゃんさん

 ありがとうございます。
 後半50kmは本当にしんどかったです。
 良い精神修行になりました(涙)

 とくしまマラソン楽しんできてください。
 それぞれ目標は違いますし、全然ままごとなんかに思えませんよ。
 自己ベスト目指して頑張ってください!

コメントを閉じる▲
一年ぶりに四万十にやって来ました。
受付会場ではナッキーさんを始め、ウルトラマラソンを通じて知り合った方々とお会いできました。
また山口のゆ~じさんからは応援ファックスもいただいて、感謝感謝です。

明日は去年の自分を越えれるよう頑張りますよ

【2011/10/15 19:05】 | マラソン
トラックバック(0) |

ファイト
せれ
変態長 p(*^-^*)q ガンバっ♪

みんなで応援してるよ!

コメントを閉じる▲
9月25日(日)

 先週と違い、今回は十分睡眠がとれて寝起きはバッチリ

 宿で朝食を頂いて、スタート地点へ車で移動。

 寒いので、荷物預けをギリギリまで待ってからスタート地点へ。

 スタート地点では、かんまるさんやM城さん達としばし談笑。

 ちなみにコースはこんな感じ。マップ

 スタートしてからも去年同様緊張感なく、談笑しながら走ります(これぞウルトラマラソンならでは?)

 5kmを付近から山岳コーススタート。

 先週の疲れが気になったけど、思った以上に軽快に上りが走れて、「もしかして超回復きてるっ!?」って期待しましたが、下りになるとなぜかふくらはぎの違和感が復活して、結局疲れは幾分か残っている様子

 WS000068.jpg
 写真は最初の峠を越えた下り坂。流石にまだ元気!?

 この時点でトップはI長さんで、少し離れて2,3位がM城さんと僕って感じになっていました。

 このあたりからずっとM城さんと一緒に走らせてもらいました。

 走りながら、ウルトラマラソンの走りのコツ、普段の練習、村岡のコースのことなどなどお話しさせてもらいました。

 40kmで折り返して、その後にあるエイドで恒例の流しそうめんを食べていると、西ももさんが登場。

 へん●い特攻隊長として過酷な修行を積まれており、すごく元気そうです

 これは、上りで追いつかれるかも(恐ろしや~)

 その後もM城さんと65kmまでご一緒させてもらいましたが、途中蘇武岳などしんどい部分もあったにも関わらず一緒に走っているとそのしんどさも忘れ、あっという間の65kmでした。

 まさに旅ランって感じで、自分にとって素晴らしい時間を過ごさせてもらいました。

 65km以降は下りが思うように走れずついていけなくなりましたが(涙)

 でもここまできたらあと35kmだし、もうちょっと(?)

 44km、88kmの選手とエールを送りながら頑張るしかありません。

 70km過ぎではトップを走られていたI長さんがひざを痛めたようで、歩いていました。

 応援していただいて、思いがけない展開で2位に浮上。

 もう上りはほとんど走れないほど足はきてましたが、ここまできたら順位を下げるわけにもいかず、後ろから迫って来ているであろう西ももさんの影におびえながらヒィ~ヒィ~言いながら走ります。

 最後の峠も去年はほとんど走ったけど、今年はほとんど歩いてしまい、ヨレヨレでクリア。

 ラスト5kmは気持ちよくダァ~っと下って待ちに待ったゴール

WS000066.jpg

 ゴールしてみると、「100km走ったの?」と思えるくらい時間が短く感じられるんですよね。

 エイドが充実しているのと、アップダウンばっかりで飽きさせないコースだからかな?

 ゴール後は間髪いれずにインタビュールームに連行されました(笑)

 しばらくして西ももさんも4位でゴール。

 西ももさんは自分の順位を把握してなかったようで、「4位ですよ」と言ったらすごい喜んでました。

 お互い大山トレーニングの成果が出て良かったです

 大山環状道路を紹介してくれたアッキー教祖様に感謝(笑)

 その後は大会が終わるまでゴール地点でみんなの応援。

 今年も大胆な(?)仮装で驚かせてくれた、さっちーさん、ムーさん、来年も更なる大胆さ、期待してます(笑)

 そして今回100km初参加で完走されたもず先生。おめでとうございます。

 ゴールしている姿から、この大会をめいっぱい楽しんでいるのが伝わってきました。

 
 ってな感じで、今年も村岡ダブルフルも無事終了(もちろん身体はボロボロになりましたが・・・)

 3週間後(このブログを書いている時点では1週間切ってますが)四万十川ウルトラマラソンです。

 去年の自分の走りが出来過ぎだったので、凄いプレッシャーがありますが、あとは現状の持てる力をすべてぶつけるのみ!

 どうなることやら~

【2011/10/11 20:18】 | 大会
トラックバック(0) |


西もも
あと登りが50kmほどあったら抜けたかな。(爆)
んで,何で写真はいつも爽やか笑顔なん!?

ホントにね~アッキーさんに感謝。
でも次にどんどん指令が出てるんだけど・・・。

四万十がんば!
岡田さんが,「負けたら丸めてもらう」って言ってたよ。

ウルトラ・・ウルトラ・ウルトラ
GBD
ウルトラの連続ですねえ 

四万十、なんかの間違いで、私も、100km参加しま~す ♪

坊主!
よしだ~
西ももさん

僕の知らないところでナッキーさんと変な約束しないでくださいよ(笑)
受付でお会いしたときに坊主は嫌だ!といっておきました。
明日は負けないよう頑張ります。
爽やかな写真だけをチョイスしてるんですよ(笑)

楽しみましょう
よしだ~
GBD さん

明日は会場でお会いできるのを楽しみにしています。
GBDさんもタフですね(笑)

コメントを閉じる▲
9月24日(土)

 今年も村岡ダブルフル100kmに参加するため、倉敷の実家からとぼとぼ下道で村岡へ。

 先週のしわいマラソンのダメージが激しくて、1週間ノーランでした。

 (回復を少しでも早めるため、温泉に行って水風呂⇔温泉を繰り返したり、ちょっとあがいてみました)

 この大会も前夜祭(食事はないけど)があって、参加ました。

 地元の学生による吹奏楽の演奏や、抽選会(今年も当たりませんでした・・・)がありました。

 前夜祭後は今年も進くんに誘ってもらって、「ちーむもも組」のみなさんにご一緒させてもらって、「坂本屋」さんに前泊させてもらいました。

 88kmで毎年上位に入賞されているかんまるさんご家族も一緒に宿泊。

 かんまるさんとは去年のこの大会から親しくさせてもらっているウルトラの先輩ランナー。

 旅館では旅館のお子さんとかんまるさんのお子さんがチャンバラ(ちょっと言い方が古い?)ごっこ。

 自分も巻き込まれて何度も切られました(ぐはっ)

 正直、自分は子供と遊ぶのが苦手なんだけど、かんまるさんのお子さんはめちゃくちゃかわいくて遊んでいてこっちも楽しかったです。(でも、かんまるさんは大変そうだったけど(苦笑))

 最後はみんなで写真撮影
top1.jpg

 今夜ははちゃんと布団で寝て快眠でした。

【2011/10/08 20:09】 | 大会
トラックバック(0) |
9月18日(日)

 寝れたのかどうかわからないまま、起床。

 スタートに間に合わない夢を2回も見てしまい、朝一からテンションが下がっちゃいました

 外は若干雨が降っていて、さらにテンションが

 スタート前にふくすけさんと記念撮影
P9180347.jpg

 ふくすけさんとウルトラを一緒に走るのは2年前の丹後以来だなぁ。

 スタートは温井ダム堰堤から。 

 下流を眺めても、ガスっていて何も見えません。
SH3I0145.jpg

 しわいマラソンのコースはこんな感じ。マップ

 結構アップダウンがあるけど、村岡に比べたら88kmだし、多少は楽かなぁ~と甘く思ってました。

 5時30分にいよいよスタート

 最初はアップがてらのんびりと・・・と思っていたけど、いきなり急坂で身体がビックリ。

 なにより先頭の選手がかなりの早さできつい坂を登って行くのを見て、これまたビックリ。

 無理っす!ついていけません

 コースの前半には4,5kmほどの砂利道があったけど、ここはトレラン感覚で楽しく走れました。

 その後、ロードに出て走っていると、前方に獣っぽい物体が・・・。

 ま、まさかっ、クマか・・・・。クマだったらリタイヤしよっと(笑)

 と思ったけど、良く見たらサルでした(笑)

 コース序盤はだらだらと長い坂道が続いて、これがボディーブローのように効いてきます。

 序盤のハイペースがたたってか、中盤に身体の力が抜けてしまい、若干フラフラに。

 途中5位まで順位を下げてしまい、このままではダムトロフィー圏外に

 燃え上がれ俺のコスモ

 なんとかコスモ全開で4位まで順位をあげるも、もう意識朦朧。

 地元の方が沿道で応援してくれるも、手をあげて反応するだけで精いっぱい。

 おまけに足も頻繁に攣ってしまうし、身体も悲鳴を上げちゃってます。

 かといって立ち止まっていたら、すぐに入賞圏外になりそうだったので、足が攣っても走りながら治すことに。

 このコース、走れない程の坂はあまりないけど、逆に走れちゃうから非常にしんどいです。

 ラスト10km辺りからほんとしんどかったです。

 そしていよいよダムがお目見え。この時をどれほど待っていたことかっ!
SH3I0146.jpg

 ここから481段ある階段を上ります。

 後ろのランナーが近くに来ている雰囲気だったので、1段飛ばしで階段を歩いて上ります。

 そして、上り切った時!!・・・・

 両足攣りました

 あとはとぼとぼ走ってなんとか4位でゴール

 あぁあぁあぁ~~~、めっちゃしわかった

 足の爪は案の定ボロボロになるし、足を攣ったまま無理に走ったせいでふくらはぎには違和感あるし、こんなにダメージを負うとは思いませんでした。

 序盤のハイペースと塩分補給ができなかったのが、今回の失敗ですね。

 なにはともあれ、宣言どおりダムトロフィーをゲット。
20110918153008.jpg

 あぁ、この手作り感がたまらない。

 ふくすけさん、ゆーじさん、チョーさん、はっぴーずのクロちゃんさんも無事ゴール

 この大会を通じて、また新しい知り合いも増えたし、終わってみたら楽しい大会でした。(レース中は悶絶だけど)

 大会自体も2回目とは思えないほど、しっかりした運営だったし、地元の方にも定着している感じがしました。

 これはいい大会になりそうです

 個人的には大規模な大会にするのではなく、今くらいの300人規模でアットホームな感じで続けてほしいなと思います。

 来週は村岡ダブルフル100kmがあるというのに、いい感じのボロ雑巾具合(笑)

 さぁ1週間でどれだけ回復するかな、自分の身体よ。


 PS.帰りのSAでちょっと仮眠をして起きたら・・・・夜が明けてました(苦笑)

【2011/10/08 16:28】 | 大会
トラックバック(0) |
9月17日(土)

 かねてから気になっていた しわいマラソンに参加しました。

 入賞すればダム型トロフィーがもらえる、ダムマニアにとってはよだれタラタラものの大会です

 これは行くしかない

 前夜祭があるため、土曜日のうちに安芸太田市へ。

 会場では、ふくすけさんと合流。

 受付を済ませて、17時からは前夜祭。

 ここの前夜祭、料理の量が凄かった。

 ビールやチューハイも出るし、オードブル料理ももう食べきれないほど出してくれます

 催しは地元の神楽でした。
SH3I0142.jpg

 たまたま隣におられた地元のチョーさんに神楽の解説をしてもらいました。

 ありがとう、チョーさん。

 また会場では、ゆーじさんにも声をかけてもらって、楽しいひと時を過ごすことができました。

 前夜祭は地元をあげて、すごいおもてなしをしてもらって、温かみのある雰囲気でした。

 前夜祭後は車へ移動して、車中泊の準備。

 最近出費が多いため、車中泊をして節約

 高地のため快適に寝れると思ったけど、台風接近中のため蒸し暑く、寝苦しい・・・・。

 でも明日は早いし、寝なければ・・・・・

【2011/10/08 15:47】 | 大会
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。